ハワイ移民資料館仁保島村(にほじまむら)- nihojimamura

ハワイ移民資料館仁保島村(にほじまむら)- nihojimamura

広島県広島市南区仁保3-17-6

ニュース

2020年3月31日、仁保島村館長・川崎壽の著書『ハワイ日本人移民史』を発刊しました。「移民は棄民ではありません」「貧乏だから移民したわけではありません」あくまでも史実に基づき刻明に記述しました。ぜひ、ご一読ください。

『ハワイ日本人移民史』の表紙『ハワイ日本人移民史』の序
『ハワイ日本人移民史 1868-1952(明治元年-昭和二十七年)』
(ハワイ移民資料館 仁保島村 / 2020年3月 / 247頁 / 4,180円)

『ハワイ日本人移民史』の詳細を見る

本書をご購入される場合は、メールにて購入希望の旨をご連絡くださいますようお願いいたします。

メールで購入希望する

『にほしま第27号 史実発掘 移民と軍艦』を発刊しました。
ぜひお読みください。

『にほしま第25号 史実発掘 移民と軍艦』
にほしま第27号(令和3年4月)

『にほしま』のバックナンバーを見る

活動報告

2019年8月4日

館長 川﨑壽が山口県周防大島町の教育委員会・日本ハワイ移民資料館の招きにより講演しました

題目は『知られざるハワイ移民史』

先のJICA横浜 海外移住資料館での講演と同名ですが、今回は移民の本場 周防大島町とあって、新たにご当地資料10点を収集して披露。

伊藤博文、井上馨の山口県への想いを古文書から特別扱いとなった地租改正の秘話など内容は豊富でした!本人曰く今回は30%増量のレベルアップだと申しております。

反響は、周防大島町内広報『あそぶ・まなぶ・かたる 第27号』に掲載されました。